腰痛に効く体圧分散マットレスの選び方

腰痛はマットレスを替えるだけで改善することがあります!1日の約1/3は睡眠時間です。そのため寝姿勢はとても重要で、姿勢が悪ければ身体に負担をかけ腰痛を引き起こします。良い寝姿勢で大事なポイントとなるのが「体圧分散マットレス」です。ここでは理学療法士が腰痛に効く体圧分散マットレスについて、選び方を含めてご紹介します。

体圧分散マットレスとは?

体圧分散マットレスとは睡眠時にマットレスから受ける圧力を身体全体に分散されるように設計されたマットレスのことです。

研究によると多くの場合、仰向け寝は腰部に圧力が集中するということが分かっています。そのため一般的なマットレスを使用すると腰部に掛かる高い圧力によりお尻がマットレスに沈み込み、「く」の字のような背骨が曲がった姿勢となります。この姿勢は腰骨や腰回りの筋肉、また血管にも負担を掛かけ、腰痛を引き起こしてしまいます。

体圧分散マットレスではその圧力を分散できるため局所的な負担を減らしてより身体がリラックスした状態での睡眠がとれ、痛みの改善効果を期待することができます。

腰痛に効く体圧分散マットレスの選び方

 

辛い腰痛に効く体圧分散マットレスの選ぶポイントは以下の2つです。

①高反発マットレス
②寝返りがしやすい

①高反発マットレス
高反発マットレスとはマットレスの跳ね返す力が強いマットレスのことで、腰部の沈み込みを防ぎ体圧を分散してくれます。お試し寝では仰向け寝、横向け寝をしてみて腰部がベッドに沈み込まないかチェックしてみましょう。理想的な寝姿勢は背骨が緩やかなS字となります。

また高反発の反対に跳ね返す力が弱い低反発マットレスがありますが、これは腰部が沈み込み腰痛を悪化させる危険性があるので腰痛に悩んでいる場合は使用を避けた方が良いです。

②寝返りがしやすい
寝返りはジッと同じ姿勢で寝ていることで負担が掛かってしまう骨や筋肉、血管への負担を解消させるという重要な役割を果たしています。お試し寝では必ずマットレスの上で寝返りのしやすさをチェックしてみましょう。

体圧分散マットレスに合わせて枕も選ぼう!

腰痛には体圧分散マットレス選びがとても重要ですが、それと合わせて枕も自分に合ったものを選びましょう。枕が低すぎたり高すぎたりすると首や背部の骨・筋肉に負担が掛かり、それと連結している腰部にも影響が及びます。枕は仰向け寝→横向け寝に寝返りをしても頭部の高さ(マットレス~頭部の長さ)が変わらず、首~背骨が真っすぐ保たれるものが良いです。マットレスだけでなく枕も合わせて腰痛改善効果をアップさせましょう!